MENU
スポーツ

【東京五輪】コカ・コーラのスポンサー料はいくら?五輪会場に他社製品はNG?

茨城県鹿嶋市で、地元の子供たち限定でサッカーのオリンピック観戦が予定されています。

その観戦の学生らに「持参は原則コカコーラ製品」「他社製品の場合はラベルをはがす」といった内容の依頼文書が渡され話題となっています。

コカ・コーラは東京オリンピックのTOPスポンサーになっていて、その配慮からこのような措置がとられているそう。

コカ・コーラのスポンサー料はどのくらいなんでしょう。

【東京五輪】コカ・コーラのスポンサー料はいくら?

画像元 https://news.yahoo.co.jp/

スポンサーの種類

五輪のスポンサーには、4つのカテゴリーがあります。

IOCと契約を結んでいる最上位の

  • 「ワールドワイドオリンピックパートナー(TOPスポンサー)」

JOC(日本オリンピック委員会)と契約を結んでいる

  • 「ゴールドパートナー(ティア1)」
  • 「オフィシャルパートナー(ティア2)」
  • 「オフィシャルサポーター(ティア3)」

コカ・コーラは「ワールドワイドオリンピックパートナー(TOPスポンサー)」になっています。

ワールドワイドオリンピックパートナーとは?

国際オリンピック委員会(IOC)が管理するスポンサー枠で、国際的にオリンピックスポンサーであることを活用できるパートナー契約

このワールドワイドオリンピックパートナーには世界的企業14社が名を連ねています。

2015年にはトヨタが自動車メーカーとしては初めて、このTOPスポンサー契約を結び話題となりました。

スポンサーのランク別の金額

ワールドワイドオリンピックパートナー

ワールドワイドオリンピックパートナーは、1業種に1社と決められており、同業種がすでにスポンサーになっている場合は契約できません。

現在(2021年)14社が契約しています。

自社ブランドの広告をオリンピック競技大会とリンクさせることが出来、世界中で広告配信が出来るようになります

  • 契約期間 10年
  • スポンサー料 年間契約額は平均25億~30億

コカ・コーラも、こちらに属していますが、はっきりとした金額は公表されていません。

ちなみに、2015年に契約を結んだトヨタ自動車の契約料は、一部では2000億円とも報じられています。

年間200億円ということですね。

平均の25億~30億と比べると破格値ですよね。

ゴールドパートナー(ティア1)

現在(2021年)15社が契約しています。

日本オリンピック委員会(JOC)との契約になり、権利は日本国内に限定されています。

自社の商品に選手の顔写真などの肖像を使用することができます。

  • 契約期間 最長6年
  • スポンサー料 100億~200億

オフィシャルパートナー(ティア2)

現在(2021年)32社が契約しています。

日本オリンピック委員会(JOC)との契約になり、権利は日本国内に限定されています。

自社の商品に選手の顔写真などの肖像を使用することはできません。

  • 契約期間 最長6年
  • スポンサー料 60億

オフィシャルサポーター(ティア3)

現在(2021年)20社が契約しています。

日本オリンピック委員会(JOC)との契約になり、権利は日本国内に限定されています。

自社の商品に選手の顔写真などの肖像を使用することはできません。

  • 契約期間 最長6年
  • スポンサー料 15億

 

世界中の人が注目しているオリンピック。

スポンサーになることで、オリンピック限定パッケージの商品販売や、プロモーション映像での宣伝などが可能となります。

企業にとっては自社製品を世界にアピールできる絶好の機会となります。

高いスポンサー料を払ってもオリンピックのスポンサーとなりたい理由が分かりますね。

【東京五輪】観戦時にコカ・コーラ製品以外の持ち込みはNG?

茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで地元の小中学生限定でオリンピックのサッカーを観戦することになったそうです。

その際、持ち込む飲み物は「コカ・コーラ社製の飲料でお願いします」と保護者に通知していたことで市に苦情が殺到。

コカ・コーラ社は東京オリンピック最上位スポンサーの「ワールドワイドオリンピックパートナー」となっていて、スポンサーへの配慮からこのような通知を出したようです。

市教委によると、組織委が会場を視察した際、担当者が各校の教職員に

「コカ・コーラ社製以外のペットボトルは持ち込み禁止で、それ以外はラベルをはがして」

と発言したのを受けた通知だったそうです。

東京オリンピック組織委員会は、ペットボトルなど競技場への持込禁止物品に関する規約を定めています。

ガラス容器、缶、紙パック・アルミパック等、ペットボトル・水筒(1人当たり、いずれか1本で容量750ml以下のペットボトル・容量750ml程度の水筒を除く)

引用: https://news.yahoo.co.jp/

これに違反すれば、入場を拒否されたり、退場処分を受ける場合もあり得るそうです。

近年のオリンピックでは、競技場への飲料の持ち込み自体が一律で禁止されています。

  • 液体爆発物によるテロを防止
  • IOCの最高位スポンサーのコカ・コーラ社に対する配慮

しかし、東京オリンピックでは猛暑が予想されており、観客の熱中症対策として、容量や本数の限度で例外的に飲料の持ち込みが認められているそう。

市教委は学校にコカ・コーラ製品以外の飲料はラベルをはがすことのみ求めていたそうで、誤解のある表現だった」としています。

ネットでの反応

まとめ

茨城県鹿嶋市で、地元の子供たち限定でサッカーのオリンピック観戦での持ち込み飲料は原則コカコーラ製品との依頼で苦情が殺到しました。

コカ・コーラはオリンピックのTOPスポンサーになっており、原則会場での飲み物はコカ・コーラ製品にしてほしいとのことでした。

ただ、他のメーカーの飲料はダメというわけではないそうですので、臨機応変に決まりを守り、気持ちよく観戦していけたらいいなと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!