MENU
タレント

【画像】KABA(カバ)ちゃん2021年現在は全身女性!声が変?

KABAちゃんといえばSMAPの『世界に一つだけの花』の振付を担当した事でも有名です。

最近では、まつげ美容液のプロデュースをしたりと活躍の場を広げています。

そんなKABAちゃんの2021年現在は全身女性に激変!

なんと、声帯まで手術して変わっているとのこと。

その気になるKABAちゃんについてまとめてみました。

KABA(カバ)ちゃん2021年現在は全身女性!

KABAちゃんの現在(2021年)の姿は全身女性に激変しています。

めちゃくちゃ女性になっています。

男性時代のKABAちゃん

これは、女性になる前のKABAちゃん!

昔のKABAちゃんを知っている人は驚かれたようです。

 

KABAちゃんは小室哲哉さんがプロデュースする3人組のダンスユニット・dosのメンバーとしてデビューしました。

そして、人気振付師としても活躍!

安室奈美恵さんの初期のヒット曲のほとんどや、SMAPの「世界に一つだけの花」やコンサートツアーの振り付けなどを担当していました。

KABAちゃんはSMAPの代表曲「世界に一つだけの花」の振り付け秘話をこのように語っています。

「木村拓哉くんがいて、拓哉くんに相談したんです。
そしたら、『会場に来てるお客さんとかファンのみんなと一緒にできる手ぶりみたいなのがあったらいいよね』って言われて」

「トイレに駆け込んで、鏡見ながらずーっとずーっと練習して。
ずーっと1人で。
ずーっとずーっとトイレの鏡でやってました」

大ヒット曲「世界に一つだけの花」の思わず踊ってしまうあの振付はKABAちゃんのこのような努力があったんですね。

そんなKABAちゃんは幼少の頃は自分のことをずっと女の子だと思って過ごしてきたそうです。

しかし、小学校高学年の頃から「男の子として生きなきゃいけないんだ」と自分を自制。

20代でデビューした時も、女性らしい部分を隠し続け、ストレスからか体調を崩すこともあったそうです。

そんなことからか、2002年に自分は性同一性障害である事をカミングアウトしました。

KABAちゃん整形始める

小さいころから、“将来は、お母さんみたいなお嫁さんになる!”と言っていたくらいだったので、自分を女性だと信じて疑っていなかったのだと思います。

自分が男性ならば、男性に惹かれる自分は“ゲイ”なのかもしれないとも思いました。

でも、それも違和感ばかり。

男性として男性に惹かれるのではなく、私は女性として男性に惹かれている……

そして、顔を女性らしく近付けるための整形手術を開始。

  • 【2009年】あごを5ミリほど削って小顔に見せる手術、耳たぶを大きくするための福耳手術。(手術費用150万円)
  • 【2011年】目を大きく見せるために二重まぶたの手術
  • 【2013年】眼瞼下垂と二重まぶたの修正手術、顔のリフトアップ金の糸手術(136万円)
  • 【2014年~2015年】小鼻を上げ、少し曲がっていた鼻中隔を真っ直ぐにする整形、頬骨の整形

顔を整形して見た目が女性らしくなったKABAちゃんは、2016年に性別適合手術を受けました。(ここまでに整形にかかった費用は1000万円を超えるのだとか)

性別適合手術とは

男性が女性への性別移行を望む場合、精巣摘出術、陰茎切除術、造腟術、外陰部形成術などをおこなう

KABAちゃんは、40歳の時に恋に落ちた韓国人男性に言われたこの一言で、性別適合手術を受ける決意をしたそうです。

「体も女性だったらいいのに」

そして、現在は顔だけでなく全身女性へと変化しました。

更に、声帯手術もして、女性らしい声も手に入れました。

戸籍上の性別も男性から女性へ変更し、現在の名前は、椛島一華(かばしま いちか)さんです。

以前の名前は、椛島永次(かばしま・えいじ)さんでしたが、戸籍上の性別変更にあわせて、ご両親に新しい名前を付けてほしいとお願いしたそうです。

「一華」の名前の由来
  • 一から出直す
  • 一花咲かせましょう

だそうです。

これから新しい人生を歩んで行くKABAちゃんにピッタリの名前ですよね。

この名前をKABAちゃんも「かわいいかわいい!」と大喜びで、気に入っているようです。

手術に関しても、ご家族の理解があったようですね。

特に、女性になりたいと思い続けて悩んでいた時に、そっと背中を押してくれたのがお姉さんだったそうです。

「あなたは後悔のないように生きて」
「私たちは何を言われてもいいから、手術しなよ」

家族がそう言って応援してくれた事は本当に心強かったと思います。

しかし、あまりの整形のし過ぎで、心配の声も届いています。

 

IKKOさんからは

「女になりたいのは分かるけど、整形(手術)のしすぎ」

 

“おぐねぇー”こと小椋ケンイチさんからは

「誰かが止めないと。なりたい顔には一生なれないじゃない」

 

それに対し、KABAちゃんは強弁!

「なりたい顔にならなかったから、やり直してきた」
「(なりたい顔に)なるわよ!」

 

ネットからも心配の声が

KABAちゃんには、とことん完璧な女性になりたいという思いがあって、整形を止める事は誰にも出来なそうですね。

KABAちゃん女性として再出発!

2021年1月8日には、KABA.タイム」で久々にテレビに登場しました。

KABA.ちゃんが振り付けしたオリジナルダンスを舞祭組の二階堂高嗣さんAKB48の柏木由紀さんがダンスで魅せるコーナー。

KABAちゃんは柏木さんを大絶賛!

柏木さんの表現力は相当すごいです。
さすがAKB48で鍛えられてきたんだなって。
大人っぽい色気もありますが、かわいさもあるというのが柏木由紀さんなのかなと思っています。

柏木さんはKAGAちゃんからのダンス指導を貴重な時間!

「KABA.タイム」は材料をたくさんくれるんです。
「こういう気持ちで」などと言ってくださるので、自分でもすごく考えることができて、表現することにおいて勉強になっていると思います。
ここまで教えてもらうことは、ほかではないんです。
表現する楽しさをKABA.さんが教えてくださる。

 

2016年9月、性別変更後初のテレビ「バイキング」に生出演

2016年10月、初の公の場登場

2018年3月、福岡アジアコレクション、ランウェイ登場

2019年1月、公式の場でダンスを全力パフォーマンス

2019年6月19日、50歳の誕生日

2020年6月、渋谷区観光協会「観光大使」に就任

KABAちゃんが現在(2021年)通っている整形外科

現在(2021年)は湘南美容クリニックの新宿本院に定期的に通い、顔や脱毛のメンテナンスをされているようです。

ちなみにこちらが西川先生。

KABAちゃんが信頼する西川先生もお綺麗な人ですね。

誰しも綺麗になりたいという感情はあると思いますが、くれぐれも身体を壊すような無茶だけはしないでほしいです。




スポンサーリンク

KABA(カバ)ちゃんの声が変?

KABAちゃんは2016年3月30日に性別適合手術と声帯手術と同時に受けました。

こちらは2016年女性になって初登場した時のKABAちゃんの声です。

2021年のKABAちゃんの声です。

そんなに変わりがあるとは思いませんでしたが、以前のかすれた声より現在の方が少し声が出てきているような感じがしました。

KABAちゃんの人柄の良さがにじみ出ていて、自然な女性らしさが更に加わったように思います。

ネットでの反応







スポンサーリンク

まとめ

KABAちゃんの2021年現在は身体も、心もすべて女性に変身していました。

声帯も女性になっていました。

今後も女性として生きていくKABAちゃんが、ますます輝いていってほしいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!