ドラマ

【比較画像】倉科カナと小林麻耶が似てる!笑顔がそっくりと話題に

2021年秋ドラマ『婚姻届けに判を押しただけですが』に出演している倉科カナさん。

第4話では天真爛漫だった美晴(倉科カナ)が一転して暗い闇のある女性を演じて話題となりました。

その倉科カナさんと小林麻耶さんが似てると話題になっています。

さっそく二人を比較画像でそっくりなのか見ていきたいと思います。

【比較画像】倉科カナと小林麻耶が似てる!笑顔がそっくりと話題に

小林麻耶

人気アナウンサーとして活躍していた小林麻耶さん。

女優デビューをした『痛快TVスカッとジャパン』でぶりっこ悪女の内田ミキ役がはまり役で話題に。

ウザくてイラつくけど板についてるから笑っちゃうと演技力も高評価です。

そんな小林麻耶さんと倉科カナさんが似てると話題になっています。

さっそく画像で比較してみました。

どうでしょうか?

とてもよく似ていますよね。

笑顔だとそっくりですよね。

目元と口元が特によく似ているように思います。

一瞬、あれ?どっち?と思ってしまうくらいそっくりだと思います。

 

ネットでの反応も見てみましょう。

倉科カナ プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

倉科カナ(@kanakurashina_official)がシェアした投稿

名前 : 倉科 カナ(くらしな かな)
生年月日 : 1987年12月23日
年齢 : 33歳
出身地 : 熊本県熊本市
身長 : 158㎝
血液型 : O型

高校3年生の時に「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞し、卒業後は本格的にタレント活動を開始。

2006年、週刊少年マガジン開催の『ミスマガジン2006』でグランプリを獲得し、同誌でグラビア活動を開始。

2007年、映画『GROW 愚郎』でスクリーンデビュー。

2009年、NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』でヒロインを演じ注目を集めた。

主なテレビドラマ

『根津サンセットカフェ』
『エリートヤンキー三郎』
『ウェルかめ』
『Mother』
『おじいちゃんは25歳』
『名前をなくした女神』
『私が恋愛できない理由』
『dinner』
『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』
『花のズボラ飯』
『ファーストクラス』
『刑事7人』
『トクサツガガガ』
『俺の話は長い』

まとめ

2021年秋ドラマ『婚姻届けに判を押しただけですが』に出演している倉科カナさん。

その倉科カナさんと小林麻耶さんが似てると話題になっています。

画像で比較してみると、本当によく似ていました。

天真爛漫な表情から一転して暗い闇のある女性を演じているキャラもそっくりですよね。

今後の二人の演技が似ているのかにも注目して見ていきたいです。

error: Content is protected !!