MENU
芸人・お笑い

【画像】宮迫博之のクマとり術後の顏がダイアンのユースケにそっくり?

雨上がり決死隊の蛍原徹さんと宮迫博之さんがコンビ解散を報告しましたね。

ネットでは解散を惜しまれる声や宮迫さんへの厳しいコメントも多い中、宮迫さんが整形をして顔が変わってしまったことに注目が集まっていました。

その整形後の顏が、お笑いコンビ『ダイアン』のユースケそっくりだという声が!

さっそく施術後の画像を見ていきましょう。

雨上がり決死隊が解散

画像元 スポニチ

雨上がり決死隊の蛍原徹さんと宮迫博之さんが2021年8月17日にYouTubeの「吉本興業チャンネル」とABEMAでコンビ解散を報告しました。

宮迫さんが振り込め詐欺グループとの間で闇営業を行ったことが2019年に発覚し、コンビ活動は休止の状態が続いていました。

解散の決断を下したのは蛍原さんだったそう。

最初はなんとかしないとダメいつか2人で戻ってきてできたらいいと思っていたそうですが、宮迫さんがYouTubeを開始。

蛍原さんは、世間の反応を見ながらコンビでの復帰を模索する中、宮迫さんはYouTubeチャンネルで謝罪動画を配信。

宮迫さんが単独で全てを決め、事後報告を繰り返すことに蛍原さんは深い不信感を抱いたよようですね。

番組の最後に、若手時代から“代名詞”としていたドロップキックを蛍原さんにくらわせ、32年間続いたコンビに終止符をうちました。

宮迫博之がクマとり美容整形したことを告白!

宮迫さんは、2020年1月にYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』を開設し、登録者数140万人のトップユーチューバーとして活躍しています。

2021年6月27日に、昔からコンプレックスだったという“目の下のクマ”を除去する美容整形手術をしたことを『宮迫ですッ!』で告白しました。

宮迫さんは、“目の下のクマ”に対して、昔からコンプレックスがあったそうです。

その理由をこう話しています。

「このクマのせいで“宮迫クスリやってる疑惑”が、もう、ずーっとあったんです」

「オカンもすごいですし、遺伝です」

引用: 週刊女性PRIME

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮迫 博之(@miyasako_hiroyuki)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮迫 博之(@miyasako_hiroyuki)がシェアした投稿

画像元 週刊女性PRIME

確かにこうして見ると、目の下のクマが少し気になるかもしれません。

クマは宮迫さんの特徴のひとつとして、似顔絵にも必ずと言っていいほど描かれています。

画像元 www2.odn.ne.jp

宮迫さんにとっては、とても気になるクマだったのでしょうね。

手術は、2時間30分にも及ぶ大手術!

長年のコンプレックスを解消した宮迫は現在(2021年8月)ダウンタイム中。

およそ2、3か月の経過期間を経てようやく完成形となるそうです。

【画像】宮迫博之のクマとり術後の顏

7月4日の『宮迫ですッ!』で整形手術後の顔を公開。

なんだか、宮迫さんじゃないみたいですね。

雰囲気が大分変ってしまいましたが、ほうれい線も消し、若返った感じはしますね。

 

ネットでの反応は?

【比較画像】宮迫博之とダイアンのユースケがそっくり?

画像元 https://www.excite.co.jp/

“目の下のクマ”を除去する美容整形手術をした宮迫さんが、お笑い芸人の『ダイアン』のユースケに似てるとネット掲示板で話題になっているようです。

「痩せたダイアンユースケ」
「整形してまでダイアンのユースケになりたかったのか」
「ダイアンの2人を合体させた感じやな。若干ユースケ成分多めに配合されとるけど」「ダイアンの津田がダイアンのユースケになった感じ」

引用 : https://www.excite.co.jp/

 

『ダイアン』のユースケさん

画像元 Twitter

それでは、さっそく2人を比較して見てみましょう。

なんとなく似てますよね。

ユースケさんを少し細くした感じというのがよくわかります。

宮迫さんは現在(2021年8月)ダウンタイム中なので、数カ月後の顏はまた少し変わっているかもしれませんね。




スポンサーリンク

まとめ

宮迫博之さんが美容整形して、顏が変わり、『ダイアン』のユースケに似てると話題になっていました。

2021年8月17日に雨上がり決死隊のコンビ解散を報告した時の顔が確かに変わっていました。

『ダイアン』のユースケさんには、すごく似てるというわけではなかったように思いますが、雰囲気はそっくりでした。

宮迫さんと蛍原さんはコンビを解散してしまいましたが、それぞれの道で頑張っている姿を応援していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!